先日、「ディープ・ブルー」っていうサメをフィーチャーした映画を観ました。なんで、観たんだろ後になって思いました。しかし、やっぱりサメの映画は好きです。

サメに対しては、とても好奇心を持ってまして、やれ潜水艦のフォルムはサメからやん!とか、サメに他戦闘機ってあり得るね!とか…..、想像がいろいろ膨らみます。ですから、昔からサメ映画って聞くと気になって、気になって……………。

やはりとっておきは、1984年に公開した「ジョーズ」でしょう。もう、5回以上観てますね。

当時はスクーバーダイビングをはじめたばかりでしたので、この作品を見てからは、海に入るのが怖かった。
ダイバー仲間たち、この作品を観ていろいろ感想を述べました。

サメは、人を襲わないとか、仮に海中の中でであっても、鼻先を手のひらでたたいてやれば逃げていきます。
ただ、彼らのおなかが減っているときは解りません。その後も、サメの映画は見続けています。

先日、何の意識もなく「ディープ・ブルー」ていう作品を一気に三部作観てしまったわけでして………….。
見終わって、微妙な感じ漂う私でした。

サメの姿を観ていると、とてもワクワクして楽しいのですが、ただ、ディープ・ブルーシリーズは、各作品の出きってのが気になってました。

ディープ・ブルー(1999/アメリカ 65点)

ディープブルー/1時間45
これが、第一作目隣、けっこうあたった感じ!
監督は、レニー・ハーリン。出演は。美人博士のサフロン・バローズ、お目付役のおっさんが、サミュエル・L・ジャクソン、格好いいダイバーのトーマス・ジェーンです。
《コメント》
太平洋上に建造された、アクアティカっていう海洋医学研究施設が舞台です。そこでは、美人なスーザン博士が、凶暴なマコシャーク(青鮫)の脳組織から、新薬を製造する研究を行っていたのですが、急を迫られて、サメのDNAを操作したために、サメは巨大化し、大暴れ!

「急いては事をし損じる」まあ、これが大失敗となり、おまけに研究施設は、サメに破壊されてしまうわけです。最後は、美人博士まで食ってしまう有り様!

けっこう面白かった感、大ありでした。内容も撮影もかなり凝ってました。当時では今よりSFXと言うのですかね、これが進化してなかったので、サメの動きはそれほど良くなかったみたいです。しかし、サメ好きな私は、ストーリー、映像には、及第点をあげたいです。

ディープ・ブルー2(2018/アメリカ 50点)

ディープ・ブルー2/1時間34分
監督
ダリン・スコット
出演    ダニエル・サブレ, ロブ・メイズ, マイケル・ビーチ
《コメント》
1作目から19年経ったなか、今度はアルツハイマーに着目。その最先端治療を開発する目的で、また遺伝子操作をしてるんです。アクティカ計画復活です。前回は、あと一歩のところで予期せぬ悲劇のため、実験は失敗に終わる。

今度は、大金持ちのおっさんの決断により、海底の実験施設で研究が再開される。今度は、オオメジロザメで、予測不能な行動をよる非常に攻撃的な性質で、海中で最も獰猛な肉食動物だった。

今回は、ベラってリーダー格がいるんですが、いったいいつの間にやらこのベラだ現れたんですかね。ようわからん!おまけに、薬物を投与され巨大化したサメたちを、率いてやってくるというお話。

やたら、いきったねーちゃんが頑張るんですが、内容はもうふたつって感じでした。面白かった前作に比べてかなり酷い。本当に続編?と思うくらいの出来映え。サメの興味の無い方は、観ない方が良い!

ディープ・ブルー3(2020/アメリカ 50点)

ディープ・ブルー2/1時間34分
監督:ジョン・ポーグ
出演:タニア・レイモンド, ナサニエル・ブゾリック, エマーソン・ブルックス《コメント》
沖合に浮かぶ人口の島、リトル・ハッピーその島では、エマ博士率いる研究チームが、繁殖にやってくるホホジロザメの生態を観察していた。しかし、エマの元ボーイフレンドの登場で不運な結果が………….。

元ボーイフレンドが追っていたのは3匹の人喰いオオメジロザメ。これが、ただのサメではないんです。全回登場したのは、またもやベラ。遺伝子操作によって高い知能を得た、きわめて危険なサメだった。しかも、ベラの凶暴な子供たちも共に行動するんです。

ベラの目的は産卵?万が一にも産卵に成功してしまったら、怖い!シリーズごとに規模もちゃちだし、クオリティもダウングレードし続けるなんて、1作目のハーリン監督は残念でしょう。最後は、ベラをゴミ処理機でメッタメタ! 

私思うに、やはりシリーズものを続けるのは難しい!だって、ご本家の「ジョーズ」にしたって、観て良いと感じたのは、2作まででその後は、観られたもんじゃない。

みなさんは、どんなジャンルのシリーズ作品を観ているんですかね。この手の、海洋を扱った作品は、やはり海を題材にしなきゃならないから、逆に難しさがあるかもしれません。長々とありがとうございます。

お願い致します!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ