1992年製作/157分/PG12/アメリカ
原題:Scent of a Woman
配給:UIP
おすすめ度:★★★☆☆/3.5点

プレミアムシネマ「セント・オブ・ウーマン 夢の香り」
2012年10月15日(月)  13時00分~15時40分  NHKBSプレミアム
アルパチーノの「男の美学」が 伝わります!
《解説・ストーリー》
生きる希望をなくした盲目の退役軍人と名門校に通う苦学生の、人生を変える数日間の交流と友情を描いた感動作。
アルバイトで、元軍人フランクの世話をすることになったチャーリーは、いきなりニューヨークへと連れ出される。
気難しく孤独なフランクは、この旅で、ある計画を実行しようとしていた…。

監督は「ジョー・ブラックをよろしく」のマーティン・ブレスト。
アル・パチーノが、アカデミー主演男優賞に輝いた。


《コメント》
本編は、あのラストの大演説を盛り上げるための長〜い、長〜い前振りでした。

わたしゃ、そこまでにたどり着くまでが、若干ダレ気味でしたね!

しかも完全に、”弱きを助け強きをくじく”展開で、手放しに感動できるかと言われるとね!

しかし、男の美学哲学を見せてくれるのは、確かに面白いかった!

ような、そうでもないようなって感じで、思うに、肝心なところが安っぽいって気がしました。

《キャスト&スタッフ》
出演:
アル・パチーノ
クリス・オドネル
ジェームズ・レブホーン
ガブリエル・アンウォー
フィリップ・シーモア・ホフマン

脚本:ボー・ゴールドマン
監督:マーティン・ブレスト
音楽:トーマス・ニューマン
制作:1992年 アメリカ シティ・ライト・フィルムズ・プロ制作
爺さん頑張ってます!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 シニア日記ブログへ